AGAとはどんな症状のことを言うのか、男性で薄毛ならAGAなの?

男性型脱毛症=AGAです

男性の頭髪は歳を重ねると薄くなる(もしくは禿げる)もの。

そんなことが当たり前の常識のように語られてきましたが、そうではない。これからは
男性型脱毛症=AGAは治療することでほぼ確実に治癒するもの、ということが話題になってどれくらいたつでしょうか。

今ではAGAの治療もかなり研究がすすめられていて、当初よりもさらに精度の高い、そして一人ひとりの状態や体質にあわせてより、効果的なものが選べるような時代になっています。

AGAの治療には色々とあります

治療、というからには、薬を飲んで待つタイプのものもあれば、物理的にどうにかしよう、という自毛植毛を選ばれる方もいます。

薬を飲むタイプ、ということにしてもそれぞれの方の体質などによってより効果的なものが異なるため、色々なものが今、AGA治療の薬として開発されています。

ミノキシジル、プロペシア、フィナステリド。
そしてビタミンやミネラルなどといった栄養素も重要、といわれています。

そう、育毛剤はあくまで抜け毛を防ぐもの。
このことが真実として世に広まったのはあまりにも遅く、「育毛剤ではえてくる!」と信じて何年も頑張っていらっしゃったかたもいるでしょう。

ですがAGA治療には、どういった治療法を選ぶにしても、できるだけ早期に治療を開始することがより効果的なんですよ。

あまりにも遅く、たとえば毛穴がしんでしまっているような状態になっていると、AGA治療によっての毛髪再生はきびしかったり、かといって植毛しようにも毛穴が限られてしまっていますから、希望通りの仕上がりにはならなかったりもしてしまうのだそうです。