毛効果が確実にあるのか?プロペシア治療薬

発毛効果が確実にあるのか?プロペシア。

最近では、AGA外来にいけば薄毛も禿げも治るもの、と言われていますが、長年悩んできたからこそ、胡散臭く感じたり、効果に疑問がわいたりしますよね。

それなりにお金がかかるだろうということは、誰もが想像で理解できるものですが、だからこそ、どうしようか悩んで結局一歩が踏み出せないまま、薄毛が進んでしまうということもあるのではないでしょうか。

ですが、薄毛や禿げてしまった部分に再び毛髪を再生するためには、他の病気と同じで早いうちに手をうつ、ということが重要なんです。

だからこそ、きちんと効果がある薄毛・禿げの対策としてプロペシアは有効なのかという裏付けが必要でもあると思います。

その為に役に立てばと思い、簡単にプロペシアについて調べてみると、やっぱりプロペシアというのは効果があるのだろうとも思えます。

ただし、プロペシアというのは単品で治療に用いることは少なく、大抵が「ミノキシジル」という薬と併用で治療がおこなわれる物のようです。

ちなみにこのミノキシジルとプロペシアの併用によるAGA治療で、まったく効果がない!という方はほとんどいない、という結果もでているようです。
(まれに、本当に進行しすぎた毛穴がなくなってしまったような場合に効果がないということもあったようです)

プロペシアで本当に発毛するのか?

そもそも男性型脱毛症、通称AGAというものは、男性ホルモンのテストステロンというものによって毛母細胞の働きを抑えてしまうたんぱく質が生成されてしまう事によっておこるのですが、
プロペシアというのはそのテストステロンが上記のたんぱく質を作ることを阻害する働きがあるものなのです。

そして組み合わされることの多いミノキシジル、という成分は頭皮の血管を拡張して育毛を促す成分ですから、この2つの成分の相乗効果により、多くの方のAGA症状が改善されているということなのだそうです。

ですから、M字型、もしくはO字型の脱毛症のいずれにも効果的、と言われています。